予約変更が出来る航空チケットと出来ない航空チケット

格安航空券は航空券の中でも予約の変更が出来ない種類のものです。
格安航空券はこうした条件が付くから格安だと言う事もあるのですが、では逆に予約の変更が出来る航空チケットはどのようなものがあるのでしょうか。

予約の変更が出来るチケットとは

航空チケットは大きく分けると予約変更が出来るか出来ないかに分けられます。
予約の変更が出来るチケットは主に、搭乗日や時間帯が変更できる、区間の変更が出来る、搭乗者名が変更出来るなど、変更出来る内容にも違いがあります。

さらに無料で変更出来るのか、お金をかけて変更出来るのか、と言う違いもあります。
そして、どのような種類の航空チケットでも、変更可能な期間は決められていて、その期日を過ぎると変更が出来ない事がほとんどです。

こうした事を踏まえて予約変更が出来る航空チケットは、普通運賃の航空チケットが挙げられます。
航空券の基本となるもので、往復割引運賃、小児運賃などがあります。

このような普通運賃の航空チケットは搭乗日、時間帯の変更はほとんどの場合で自由に出来、無料です。
その代わり、移動する区間や搭乗者名は変更出来ないものです。


予約の変更が出来ないチケットとは

主に、事前割引運賃の航空チケットは予約の変更が出来ません。
例えば、早割や旅割りや、バーゲンなどです。

必ず予約した便に乗らなければなりませんし、それ以外の便には乗れないのです。
スカイマークには一部例外がありますが、ほとんどの場合はこのように予約変更が出来ない事を覚えておくと良いです。

予約変更をする時はどうしたらいい?

どうしても予約の変更をしたい時には、インターネットか電話で手続きを行います。
普通運賃の場合で、搭乗便を変更すると言う時には、インターネットだけでも十分に事足ります。

それ以外の複雑な変更をしたい場合には、インターネットでは難しい場合があるので、予約センターに電話をかける事がおすすめです。
迅速にその電話で手続きをしてもらう事が出来ますから、確実です。