航空券の予約開始日と購入期限について

今や飛行機の航空チケットはいつでも簡単に入手できるようになりましたが、具体的に予約はいつからで、購入期限はいつまでなのでしょうか。
大抵の人が格安航空券を含めて、予約をすると同時にクレジットカードで決済する事が多い中で、こうした期限などはあまり知られていない事が多くあります。

航空券の予約開始日と購入期限について

飛行機の航空券は運賃の種類によって若干予約開始日と購入期限が違ってきます。
飛行機には発売期間と購入期限があり、航空券において予約をする事と、購入する事は別に考えておかなければなりません。

厳密に言えば予約は座席の確保で、購入は実際にお金を支払って確定させる事です。
こうした意味を持つので、予約の段階ではお金は必要ありませんが、座席を確保して維持出来る時間は数時間から数日の間です。

その決められた時間内に購入手続きをしなければ予約は取り消されてしまいます。
言い換えれば購入をして初めてその座席は確保が出来たと言える状態になります。

普通運賃の場合は2か月前が基本

大手航空会社では、搭乗の2ケ月前の午前9時30分が予約受付と販売開始日になります。
基本的にこれは普通運賃の場合で、他の割引が適用になる場合や、一部の割引運賃は2ケ月よりも前に販売開始になる事があります。


往復航空券の場合はどうでしょうか

往復で航空券を買うのが往復航空券です。
格安航空券には往復が無い事がほとんどなのですが、場合によっては普通運賃よりも安くなる事はあります。

注目したいのはこの帰りの復路についてですが、搭乗日の2ケ月前であれば、復路を同時に予約したり購入したりする事が出来ます。
復路については一般販売開始前であっても、往復での購入の場合に限り、早く買う事が出来ます。

また、区間の乗り継ぎの場合も往復と同様に2つ目の区間はセットで購入する事が出来ます。
1つめの区間が販売開始後なら同時に手続きが出来るので、早めに手続きを済ませる事がおすすめです。