飛行機が欠航した時はどうしたら良いのでしょうか

格安航空券を確保しても飛行機が欠航してしまったら、何をどう努力しても飛行機は飛んでくれません。
例え格安航空券を苦労して入手出来たとしてもです。

こんな時にはどのような対処をしたら良いのか、どんな事が必要になるのでしょうか。

情報収集が必要

飛行機が欠航した場合は、まず必要になるのはどうして欠航したのかと言う情報収集です。
航空会社の都合によって欠航になったのか、天候などの理由なのか、確かめる必要があります。
その理由によっては航空会社の対応も違いますし、利用者側にも与える影響は異なります。

航空会社の都合で欠航する場合

航空会社の都合で欠航する場合と言うのは、機材故障やシステム障害などがあります。
一般的に航空会社に責任があると判断されるものです。

欠航時に取られる対応としては、返金か振替が一般的です。
返金は航空チケット代金を返してもらう事を言い、振替は別の便か、他社の航空便に乗り換える事です。

天候などの不可抗力による欠航の場合

天候などの不可抗力には大雪や台風などの自然災害の他に、鳥が機体にぶつかるなどの例もあります。
こうした場合は、返金はあっても、他社への振り替えなどはありません。
その航空会社の後日の便への振り替えが原則として定められています。
国内旅行情報にオススメなサイト(http://matome.naver.jp/odai/2133569074655633401)で情報収集をしましょう!


実際に欠航したらどうするのが良いのか

あらかじめわかっている欠航の場合は、航空会社から何らかの形で連絡があります。
個人に連絡が無くても航空会社のホームページにアップされますので、すぐに分かるようになっています。

振替がある場合は、なるべく早めに手続きを済ませる事がおすすめで、返金をする場合は後日でも対応してもらえるので、状況を見ながら手続きを進める事が出来ます。

欠航した場合のまとめ

飛行機が欠航した場合はその航空チケットは無駄にはなりません。
どのような理由の欠航であっても、振替や返金が出来ますので、間違っても破棄するような事はしない事が重要です。