eチケットの特徴とメリット

格安航空券を購入する時にはインターネットからの購入が主流になりつつあります。
航空チケットのスタイルも変化してきていて、格安航空券の場合でもeチケット(電子航空券)が利用されるようになりました。
eチケットはどのようなもので、どのような仕組みになっているのでしょうか。

eチケットとは

正式名称をエレクトロニック・チケットと言います。
簡単に言えば、従来は航空チケットは紙でしたが、予約内容を航空会社のシステム内に記憶させておくと言うものです。

従来の紙の航空チケットは購入後に無くしてしまった場合には効力を失ってしまっていたのですが、eチケットなら手元にチケット自体が無い他、失くしてしまう心配がありません。
航空券を持たないで飛行機に乗る事が出来ると言う風に考えても良いものです。

eチケットの仕組み

従来の紙の航空チケットは予約内容が記載された状態で発券されていましたが、その内容を航空会社のデータベースに記録させておくことで、チケットレスで行動する事が出来ます。

予約をした後は、予約をした航空会社や旅行会社からeチケットお客様控えが送付され、それを搭乗する当日にチェックインする際に提出するだけで、搭乗手続きが完了してしまう仕組みになっています。


eチケットのメリット

eチケットはお客様控えが航空券と同じような役割をするので、大切な航空チケットを無くしてしまう心配がありません。
また、予約情報が航空会社のデータベースにあるので、再発行が何回でも出来ると言うところと、自宅でも印刷が出来ると言うところが最大のメリットです。

eチケットについてのまとめ

従来の紙の航空チケットに比べて手続きの簡素化やペーパーレス化を期待する事が出来ます。
また、大切な個人情報を紙の航空チケットのように持ち歩くのでは無くて、航空会社のデータベースに記憶させておくので、安全性が高くなります。
紛失の際にも再発行が楽に出来るので、万一の時にも焦らずに対応する事が出来ます。